ゴルフ界のキング、タイガー・ウッズとカイロプラクティック

こんにちは!二子玉川のカイロプラクター原田勇人です!

今日はゴルフをやっている方なら、だれでも知っているあのタイガー・ウッズとカイロプラクティックのお話です。

 

タイガー・ウッズ

タイガー・ウッズと言えば、その輝かしい成績です。

ゴルフのメジャー選手権で通算14回もの優勝をして、歴代2位という素晴らしい成績です。

そして史上2人目のトリプルグランドスラム達成、生涯獲得賞金額1億ドルを突破し歴代1位です!
1億ドルってスゴイですよね!およそ110億円は稼いでいるってことですよ。

残念ながらここ数年は不倫騒動や、重度の腰痛のために思ったような成績は出せていませんが、とんでもないプレーヤーであることはお分かりいただけると思います。

そのタイガー・ウッズもカイロプラクティック愛好家だということを知っていましたか?

 

Get Adjusted

そのタイガー・ウッズは自身の書物でこのように残しています。

”I’ve been going to chiropractors for as long as I can remember. It’s as important to my training as practicing my swing.”
可能な限り記憶をたどれる小さい頃から、カイロプラクターのところに通ってきました。それは私にとってスイングの練習や、トレーニングと同じ程に、重要なものなのです。

そう、タイガー・ウッズは小さい頃からカイロプラクティックを受けてきたのです。

自分の記憶があるくらい小さい時というのはだいたい3~5歳くらいでしょうか。おそらくゴルフを始めた時からか、もしくは始めてから少し経ったくらいから練習するのと同じくらいカイロプラクティックの重要性を感じていたのでしょう。

と言っても、タイガー・ウッズ自身が感じていたというよりは、周りの環境がそうさせたのかもしれませんね。

もちろん、今でも専属のカイロプラクターを雇って体のケアをしている事でも知られており、カイロプラクティックが彼の活躍の一翼を担っていることは、彼自身によって様々なインタビュー記事などでも紹介されています。

 

ゴルフと腰痛とカイロプラクティック

プロゴルファーの7割以上が、慢性の腰痛に悩まされており、米国ゴルフ殿堂にも名を連ねている岡本綾子プロが長年腰痛と闘いながらも輝かしい記録を打ち立てて来たことは有名な話です。

しかし、腰痛など身体に不調があれば、自身のベストパフォーマンスを発揮することは出来ず、成績もあがらないということはもちろんわかることであり、プロ・アマに関わらず、ゴルファーはカイロプラクティックで身体ケアを行っておくことが大切ですね。

タイガー・ウッズは、その身体能力の高さに加え、カイロプラクティックで体調管理をしながら、膨大な練習量をこなして来たからこそ、今までの活躍があるわけです。

タイガー・ウッズだけではなく、アメリカプロゴルファーの多くが、カイロプラクティックを利用している事は周知の事実です。

プロだからケアを受けるのではなく、身体の使い方が遥かにうまいプロですら身体ケアを受けているのに、アマチュアである一般の方がケアを受けない方がおかしいと思いませんか?

 

ゴルフをやっている人に多い症状

絶対的に多いのは腰痛です。
その後に続くのは股関節や肩、首、手首の痛みです。

ゴルフは多くの愛好家がいらっしゃいますし、中高年になっても続けられる方が多いのに、きちんとしたケアを受けていない人が多いのも現状です。

飛距離を出したい、パットを安定させたい、痛みなくラウンドを回りたい、などの望みがカイロプラクティックで可能になるかもしれませんよ。

 

もちろん僕がやっている二子玉川のカイロプラクティック ライフプラスでも専門的に運動パフォーマンスやスポーツ外傷などに対する調整を行っています。
痛みがない状態でゴルフをするって本当に気持ちがいいですよー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です