産後15年間、坐骨神経痛だと思いこんでいた痛み

いつもカイロプラクター原田勇人のブログをお読み頂きありがとうございます。本日も最後までお付き合いください。

とある日に来られたクライアントさん。
僕のお店がある二子玉川からはちょっと離れたところから来られました。
たまたま二子玉川に来る用事があったから、ついでにカイロプラクティックを受けようと思い検索していただいたようです。ありがとうございます。

根本的に良くしたいですか?それともとりあえず楽になればいいですか?

色々と問診をしていると、どうやらとりあえず身体が楽になればいいと思って来られたとのことでしたが、結構色々と症状が出てるんですよ。
その中でも出産後から出てるお尻から太ももまでの痛み。しかもその期間なんと15年!!

産後に病院に行った時には「産後は坐骨神経痛が出やすいからね、仕方ないよ」と言われ、整体院やらマッサージなどに行ってはみたものの、特に変化することもなかったようです。

そんなのをカイロプラクターとして見逃すわけにはいきません!
しかし、遠いところからたまたま来られたクライアントさんには必ず聞くことがあります。
「これ根本的に良くしたいですか?それともとりあえず楽になればいいですか?」と。
根本的に改善を求めるのであれば、やはり数回の施術は必要になり、そのためのプランを作成しなければならないのですが、たまにとりあえずその場しのぎ的な施術を希望をされる方がいらっしゃるので、確認しないと僕のやりたいことと、クライアントさんとの考えに相違が出てしまいお互い良い思いをしないからです。

すると帰ってきた言葉が
「これって良くなるんですか?良くなるのであれば、きちんと治したいです!」

もうね、嬉しいですよ。僕としても単なるその場しのぎの施術はしたくないですからね。
ということで、検査へ。
いつもの如く、とっても細かく検査をしていたら、
「こんなに色々検査をしてもらうのは初めてです。」と。
この言葉を聞くたびに思うんですが、他の施術者はいったいどうやってるんだろう、と不思議に思います。
検査してこそ、本当に悪いところがわかって、その部分を施術してあげれば問題解決はそこまで難しくないと。

案の定、この方は坐骨神経であれば通常陽性となるような検査をすべてクリアしてしまいました。
問診をしている段階でなんとなく予想はついてましたけどね。
坐骨神経痛を除外できた時点で、次に疑うべきものは「小殿筋(しょうでん筋)」です。
この筋肉は非常に厄介なやつです。

痛みの出方が坐骨神経痛と非常に似通っている!



上図の左側2つの絵はまさしく坐骨神経痛とほとんど同じような部分に痛みを出していることが良くわかります。
この絵は何かというと「トリガーポイント」と呼ばれるもので、筋肉の痛みが他の部分に飛んでしまう現象なんですね。
×印がついている部分が小殿筋ですが、その×印を押すと、赤い部分に痛みが出てくるよーということなんです。
「トリガーポイント」に関してはまた今度詳しく書きます。

ということで、この方の小殿筋をチェックしてみると、出るわ出るわ、いつも感じていた痛みが太ももに!
もはや間違いではないでしょう。悪の根源は「小殿筋」です。

そんなわけでこの「小殿筋」を痛いながらもリリースしたところ、見事に常に感じていたお尻から太ももにかけての痛みは消失しました!
1週間後にフォローアップしたところ(遠いところわざわざ来ていただきました)、若干たまに弱い痛みがでるということで、もう一度小殿筋をリリース。
受けている本人も施術中の痛みが前回より全然ないということで、改善を自覚されてました。

産後から15年間抱えてきた痛みがたったの2回で9割ほど改善したすごく喜ばしい症例ですね。
このように、もう治らないと思っていた痛みが取れるかもしれないのが、カイロプラクティックです。
特に僕がやっている二子玉川カイロプラクティック ライフプラスでは検査をしっかりと行い、問題点を見つけ、その問題点を集中攻撃させていただきます。
それが改善への近道かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です