神経痛性筋萎縮症に対するカイロプラクティック的治療法

二子玉川カイロプラクティック ライフプラスの症例集です。
30代男性が、神経痛性筋萎縮症という症状を訴えて来院されました。

神経痛性筋萎縮症とは

神経痛性筋萎縮症は、特発性の腕神経叢神経炎と呼ばれることがあります。

一般的には片側の首や肩腕に突然痛みが走るようになり、その痛みは数日から数週間続きます。
同時もしくは痛みがなくなった後から同じ側の肩が挙がらない、腕が上手く動かせない、握力がないなどの弛緩性麻痺が発症します。
特に多いのは腕神経叢上部の障害であり、肩甲骨周辺の筋委縮が見られ、翼状肩甲骨になり、棘下筋、棘上筋、前鋸筋、菱形筋、三角筋、上腕二頭筋等が弛緩性麻痺を起こしやすい為に肩を外転(横に腕を上げる動作)などが出来なくなるといった症状が出ます。

病院では椎間板ヘルニア等と間違われやすいために、MRIなどのによる除外診断が必要になります。
また神経伝導速度の低下なども現れて来る場合が多いです。

しかしながら、的確な鑑別方法はなく、他の診断から除外していきつく診断名となるようです。

詳しくはこちらのHPに色々と情報があります。
サルコペニアのお話し

神経痛性筋萎縮症の発症

発症は半年前で、最初は寝違えのような首の痛みがあったが、次第に痛みが強くなり、腕が挙がらなくなってしまったそうです。
病院で診てもらいMRIや神経伝導速度の低下などから「神経痛性筋萎縮症」の診断が出たが、とくに薬の処方以外はほとんどなかったようです。

酷いときは夜寝る時も痛く、痛み止めを飲んでも大して効かず辛い思いをしていたということです。

ちなみに発症するまでの2か月間、休みなしで仕事をしていたそうです。(完全にブラックですね・・・)

 

状態

現在は発症から半年経過していること、職場が変わったこともあり、腕の麻痺は改善しており、腕があがらないということは無い。
しかしながら握力は低下していると感じる。実際に指と指同士を離れないように力を入れることが上手くできない。

2週間ほど前からまた夜寝る時などに首や肩に痛みが出るようになってきており、夜なかなか寝れない生活が続いている。

首から肩にかけて常にしびれているような感じがある。

頚部から肩周囲にかけて過緊張が見られ、頚部の伸展と左への側屈において、肩への放散通が出る。

 

施術内容

まずは、神経痛性筋萎縮症の発症から半年が経過しているので、再度状態を把握する必要があるために、一通りの整形外科学検査を行いました。
なぜなら同じような痛みや症状が出ていても、半年前は神経痛性筋萎縮症であり、今回は違う場合があるためです。

特に上記でも述べたように、神経痛性筋萎縮症は非常に他の病変と症状が似ていいるので、その除外をしなければなりません。

カイロプラクティックとしては診断を下すことができませんので、出来る限りの検査を行い、重篤な疾患ではないということは確認しておきます。

頚部の可動域検査において、肩への放散痛が出ていることから、椎間孔(背骨と背骨の間から神経根が出てくるところ)に異常があると考え、まずはハイボルト治療器で周辺の筋の緊張を取り除きます。

この時点で、頚部伸展と左側屈における放散痛は半分近く減るという結果になりました。
その後、手技により、より細かく椎間孔周囲の筋肉等を緩める施術を行いました。

これにより、放散痛は8割軽減し、1回目の施術は終えました。

この時のクライアントさんの感想として、
「非常に首肩が楽になりました」
と頂きました。

2週間後にもう一度来院していただいたところ、前回の施術から非常に調子が良くなったということで、夜も寝れているそうです。

前回の施術同様にハイボルト治療器で大まかに筋肉を緩めた後に、細かく手技で施術を行いました。
最後に、症状が起こっている下部頸椎の負担を減らすために、上部胸椎の可動性を出す矯正を行いました。

これで、頚部を伸展させたときの肩への放散痛は0になり、施術を終了しました。

今後は、定期的な施術によるメンテナンスをオススメし、疲労の溜めこみによる体の不調が出ないように生活することを提案させていただきました。

 

このように、カイロプラクティックで出来ることは沢山あります。
受ける際は確かな技術と知識を持ち合わせた国際基準のカイロプラクターをオススメします!
もちろん二子玉川カイロプラクティック ライフプラスは国際基準です!
是非ご相談を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です