1日1錠以上の頭痛薬を飲む女性

問診と症状

半年くらい前から毎日頭痛があり、頭痛薬を1日1錠以上服用している(頭痛が出そうになったらすぐに飲む)
頭痛は後頭部を中心に全体的に出る。
ずっと昔から肩こりや背中のハリは酷い。
仕事はとても忙しく、責任のある仕事をしている。
最近は夜も寝つきが非常に悪くなっている。

検査と施術

触診では非常に僧帽筋や肩甲挙筋が過緊張状態である。
可動域検査では可動域の減少はみられないが、頚部を左右に倒したときに非常に強いハリを感じる。
自律神経のバランスを調べると、交感神経が亢進している様子がある。
自律神経の調整を先に行わないと、いくら筋肉や関節を調整しても改善具合が乏しいので、アクティベータ器で足先から頭までを調整すると、
先ほどまでカチカチになっていた背中や肩の過緊張が緩んだ。
その後、肩甲骨周辺や頚部の筋肉をゆっくりとリリースをかけ1回目は終了。
アドバイスとして頭痛薬の服用を、どうしても我慢できなくなった時だけにするということを伝える。

2回目来院時の問診で、非常に首肩がリラックスしていた。頭痛が激減し、1週間で1回しか出なかったと報告を受ける。
詳しく聞いていると、睡眠も良く取れるようになり、1回目には聞き出せなかった「低体温」が通常に戻ったと嬉しい報告を受けた。
1回目同様に、アクティベータ器による施術と筋肉のリリースをかけた。

2週間後の3回目の来院では、2週間で頭痛薬を服用したのがたったの1回だったという報告。ほぼ毎日出ていた頭痛はこの2週間で2回。
肩や首周りの筋肉の緊張は以前とは比べ物にならないほど取れている。
アクティベータ器での施術をする場所も減ってきている。

4週間後の4回目の来院では、期間を4週間明けたにもかかわらず、頭痛は2~3回とのこと。頭痛薬の服用もしなくて済む程度の頭痛ということ。
仕事が忙しく、責任は常に問われるために、月に1回のメンテナンスを勧め、メンテナンスに移行。

ポイント

この方は看護師をやっており、夜勤や責任感の重い仕事で非常疲弊していました。忙しく、体も頭も休まるタイミングがないと、体はどんどん興奮してきます。(交感神経がたかぶってくる)
そうなってくると、筋肉の緊張もなかなか取れませんし、ましてやリラックスできないので、睡眠もうまく取れなくなってしまいます。

そこで行うのが、自律神経の調整です。人間の身体は自分の意志でコントロールできない部分があります。その代表が自律神経です。
それをうまく調整することが出来るのがアクティベータ器で、非常に弱いながらも的確な刺激をピンポイントでいれることが出来ます。
カイロプラクティックと聞くと骨をバキボキするようなイメージがありますが、アクティベータ器ではそのようなことは致しません。

この方は自律神経を整えることで、非常に素直に体が反応してくれたので、こちらとしてもびっくりするくらいの改善度でした。低体温が改善したことも頭痛や肩こりなどの軽減に一躍かったと思われます。
神経の調整を先に行わないと、いくら筋肉を揉んだり、関節を動かしてもその効果は少なくなってしまいますし、実際に筋肉に行ったリリースはわずかでした。

その場しのぎではないカイロプラクティックの施術を実感したい方
根本的にお身体を改善したい方
こちらまで→二子玉川カイロプラクティック ライフプラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です