ウィンブルドンでアンディ・マレーが肩の痛みでカイロプラクティックを受けている!!

こんにちは!二子玉川のカイロプラクター原田勇人です!

今回はテニス界では超有名!アンディ・マレー選手とカイロプラクティックのお話しです。

 

アンディ・マレー

1987年5月15日生まれのイギリス国籍。

身長190cmで、テニス界のBIG4(ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチ)の中でも一番身長が高いです。
身長が高いBIG4ではなくて、成績優秀な4人ということですよ。と言っても4人とも185cm以上あるんですけど(笑)

ロンドン五輪とリオ五輪でシングルス選手としては男女通じて初のオリンピック連覇を達成。4大大会では3度の優勝経験があり、特にウィンブルドン選手権では2013年にイギリス人選手77年ぶりの優勝者となっています。(Wikipedia参照)

母親の教えで3歳からテニスラケットを握っていたらしいです。
母親自身がアンディ・マレーが生まれたスコットランドのナショナルチームのコーチを務めていたということなので、完全に英才教育ですね。

驚きなのがアンディ・マレーが8歳のときに通っていた小学校で児童16人、教員1人が射殺されたダンブレーン事件というのに遭遇し、机の下に隠れて難を逃れていということです。銃弾がアンディ・マレーに当たっていたら、彼は今このように活躍していないでしょうね。

しかも凄いのが少年時代にはサッカーも上手で、スコットランドの名門サッカークラブ「グラスゴー・レンジャーズ」というチームからスカウトを受けたこともあるんです。
何をやらせても上手にこなしちゃう人っていますよね、アンディ・マレーもそういう子供だったのでしょう。
しかしながらサッカーの誘いは断り、テニスに専念する人生を歩んだそうです。

そして2016年11月7日付で、ノバク・ジョコビッチが2014年7月7日付から2年4か月もの間守り続けてきたトップの座を奪い、ついに世界1位に!

 

Get Adjusted

2015年のウィンブルドン大会での一コマがこちら。

顔は写っておりませんが、間違いなくアンディ・マレーです(笑)
地面に倒れたマレーが大男に抱きかかえられているように見えますが、カイロプラクティックで背骨や肋骨を矯正するやり方です。

2015年7月4日のウィンブルドン男子シングルス3回戦、対セッピ(イタリア)選にて、第4セットの第1ゲームを落とした後、右肩の治療のためにタイムアウトを取ったのです。

マレーは、最初の2セットを快調で連取したものの、対戦者が右足首の治療を終えると、ここから第3セットを奪取し、第4セットを1ブレークアップとする。
しかし、肩の治療を受けたマレーが残りの6ゲームを一気に勝ち取ると、10本目のサービスエースで勝利を決めました。

この時のコメントで、

「肩は大丈夫」としたマレーは、「第2セットの終わりにかけて、見た目にも明らかだったと思うが、肩甲骨の横が張っていたんだ」と明かし、
「カイロプラクターが来て、問題の箇所を調整してくれた。このおかげで、肩甲骨が直った」
「90キロの大男が上に乗ってきたから、快適ではなかったけどね」
参照:AFP BB NEWS

と残しています。

この後、残念ながら準決勝で、ロジャー・フェデラーに負けてしまいベスト4で終わってしまいましたが、2016年のウィンブルドンでは2013年以来2回目の優勝となり、世界ランク1位も獲得しました。

アンディ・マレーはこの大会以外にでもカイロプラクティックによる施術を受けることで、身体能力を維持できているのですね。
数あるトレーナーの中でも、カイロプラクティックを選んでいるところ、好きです。

錦織選手にもカイロプラクターを帯同させれば、もう少し怪我が減るんじゃないかと思っているんですがね。

 

 

メディカル・タイム・アウトについて

テニスの国際ルールでは、プレーヤーが身体の不調を訴えたときにメディカル・タイム・アウトを取得し、ドクターやトレーナーから診察、治療を受ける事ができます。

メディカル・タイム・アウトの申請は審判を通して行われ、一試合中の回数や時間には制限があります。また、慢性的な病気(糖尿病を除く)や疲労による症状などの「処置や手当てをしても改善しないと診断された症状」に対してはメディカル・タイム・アウトは認められません。

あくまで試合中に起こった不慮の怪我、症状に対して、選手を救済する措置としてのルールなのです。

実は1996年までメディカル・タイム・アウトの取得条件には「筋肉の痙攣」が含まれていませんでした。当時のルールでは、筋痙攣は選手のコンディショニング不足が原因と考えられており、選手を救済するに値する理由とは考えられていなかったからです。

しかし1995年のある試合がきっかけとなり、メディカル・タイム・アウト取得条件に筋肉の痙攣が含まれるようになりました。

1995年全米オープン男子シングルス1回戦、松岡修造(日本)対、ペトル・コルダ(チェコスロバキア)の試合です。直前の大会で起こした肉離れが完治していなかった松岡は、試合の経過とともに足の痙攣が始まり、遂にはサービスエースを放った瞬間に完全に両足全体が攣り、コートに崩れ落ちてしまいました。当時のテニス規則では痙攣は怪我とは認められていなかったため、3分間のディカル・タイム・アウトの対象にはなっていません。その為苦痛に悶え苦しむ松岡には誰も触れることが出来ずコートに放置されたままとなり、更に25秒毎に遅延行為によるポイントペナルティを取られ続け、遂には2分以内に試合を再開しなかったとしてゲームペナルティを取られ失格を宣告されました。
(参照:Wikipedia)

当時試合を目撃したファン達は、苦しむ松岡を放置し続けたルールに総立ちでブーイングをし、失格が宣告されるやいなやアイシングなどの処置を手伝いに走った対戦相手のペトル・コルダに拍手を送ったそうです。

松岡がウィンブルドンでベスト8に進出した直後の出来事であったため、この試合の様子は広く報道され、メディカル・タイム・アウト取得条件が見直されることになりました。新しいメディカル・タイム・アウト取得条件には筋痙攣が含まれ、通称「シュウゾウ・マツオカルール」と呼ばれるようになり、2010年に再度規約が見直しされるまでの10年以上の間、選手達の安全に貢献したのでした。

さすが松岡修造!!

ちなみにこの「シュウゾウ・マツオカルール」ですが、2010年の全豪オープンの際に、策略として筋痙攣を装い、メディカル・タイム・アウトを取るといった悪質なケースが多発したために再度改定されました。
改定後は筋痙攣を理由としたゲーム中のメディカル・タイム・アウトは試合中に2回だけ、ゲームチェンジかセット終了になるまでのゲームポイントを没収した上で治療を認めるという規則となっているそうです。

 

テニスをやっている人に多い症状とカイロプラクティック

なんといっても、名前の通り「テニス肘」があります。
正式名称は「上腕骨外側上顆炎」という名前ですが、テニスのバックハンドを打った時に非常に痛むものです。

最近ではテニスを行っていなくても、デスクワーカーでもなることで知られています。

あとは肩の痛みが出るインピンジメント症候群や回旋腱板損傷、手首の痛みにつながるTFCC損傷、腰痛や捻挫などがありますね。
どれもこれも、カイロプラクティックの対応できるものです。

ただし、アンディ・マレーのようにトップアスリートでカイロプラクティックを受けている人というのは怪我したからというわけではありません。

カイロプラクティックは怪我を予防するケアが出来るのと、身体パフォーマンスを上げる事が出来るので受けているのです。

トレーニングを受けるのではなく、カイロプラクティックの施術を受けることでパフォーマンスがアップするなんて不思議ですよね。
このあたりのお話はまた今度にしましょう。

 

もし、どうしても気になる人や、テニスをやっているけどパフォーマンスを上げるためにカイロプラクティックを受けたい!という人は是非僕がやっている二子玉川のカイロプラクティック ライフプラスにどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です